奈良女子大学 > 生活環境学部 > 食物栄養学科 > 食品調理科学研究室 - ホーム
English Page

奈良女子大学 食物栄養学科

食品調理科学研究室ホームページ

 食品調理科学(旧食品化学)研究室では、食品の加工・調理過程における食品成分や機能性の変化などについて「おいしく、健康に」食べることを目的に研究を行っています。特に、生活習慣病予防につながる抗酸化成分(活性酸素消去能)、おいしさに関わる風味成分、脂質などについて、調理科学的および分析学的手法で研究を進めています。
スタッフ紹介・研究室の歴史研究紹介
担当授業科目紹介書籍・TV出演
研究室紹介リンク
食物栄養学科栄養教諭とは
実験風景
食物栄養学科学生のニュース
食品調理科学研究室のニュース
奈良の食プロジェクトのニュース

大学院学生募集

 食品調理科学(旧食品化学)研究室では、大学院学生(博士前期課程・博士後期課程)を募集しています。「食品」「調理」に興味のある方はぜひ研究室をご訪問下さい。他大学出身の方も積極的に受け入れています。オープンキャンパスとは関係なくお越し下さい。研究成果は日本農芸化学会日本食品科学工学会日本家政学会日本調理科学会米国食品工学会(IFT)などで発表するほか、国内外の学術雑誌に報告することができます。また、栄養士・管理栄養士の資格を有する方は「栄養教諭」免許状を取得することが可能です。

 受験を希望される方はtakamura@cc.nara-wu.ac.jpまでご連絡下さいますようお願いします。大学院オープンキャンパスへの参加は必須ではありません。博士前期課程の入試は7月と1月に行われます。平成29年度入試は、出願6/20〜23、試験7/9と出願1/4〜10、試験1/28の予定です。試験に関する情報は入試課のページをご覧下さい。

 注意:博士前期課程入試において、英語試験に代えて「TOEFL/TOEIC」を利用することができます。TOEFLおよびTOEICは公式のテスト(TOEFLテスト、TOEIC公開テスト)に限ります(TOEFL-ITPやTOEIC-IPテストの成績は無効です)。TOEICはいつ受験したものでも公式認定証があれば有効です。なお、TOEIC/TOEFLを受験せずに、英語の試験を受験することも可能です。詳しくはお問い合せ下さい。
Updated on Feb-02-2016