第14回非破壊計測シンポジウム講演リスト 1998年10月28日−30日:科学技術庁研究交流センター(つくば)


10月28日

近赤外分光法の基礎理論 佐藤哲生(農林水産省九州農業試験場)
解析の基礎−近赤外分光法のための統計学(ケモメトリックス)− 宮本久美(和歌山県有田振興局)


10月29日

複雑な近赤外スペクトルを如何に解析するか 尾崎幸洋(関西学院大学)
韓国における近赤外分光法の応用の現状および今後の展望 趙來光(韓国慶北大学)
食糧庁におけるNIR法による穀物品質評価への取組と今後の展望 小西幸男(食糧庁)
櫻井俊朗
近赤外分光法の食品への応用および今後の可能性 的場輝佳(奈良女子大学)
サトウキビ品質取引のための近赤外分光法によるサトウキビ品質評価システムの構築及び実施 渕上賢一((財)日本食品分析センタ)
関口礼司
フィードバックシステムに対する近赤外バイオモニタリング法の応用 R.N.Tsenkova(神戸大学)
近赤外分光法の農業への応用および今後の展望 永井耕介(兵庫県立北部農業技術センタ)
近赤外分光法の薬品への応用および今後の展望 高居邦弘(日本チバガイギー(株))
近赤外分光法の臨床医学への応用−新生児医療での応用を中心に− 山内芳忠(国立岡山病院小児医療センタ)


10月30日

近赤外分光法の堆肥管理への応用および今後の展望 藤原 孝之(三重県科学技術振興センタ・農業技術センタ)
近赤外分光法の食肉品質評価への応用および今後の展望 三津本 充(農林水産省畜産試験場)
近赤外分光法の水の構造解析への応用および今後の可能性 阿部 英幸(農林水産省北海道農業試験場)
協賛会社によるプレゼンテーション (株)オプトサイエンス
(株)相馬光学
横河電機(株)
静岡製機(株)
(株)果実非破壊品質研究所(FANTEC)
(株)ニレコ
(株)島津製作所
ブラン・ルーベ(株)
近赤外分光法のポリマーへの応用および今後の可能性 下山 昌彦(兵庫県警察本部捜査研究所)
近赤外・赤外センサーによるオフセット印刷機の版面湿し水の測定 東 昇(倉敷紡績(株))
木村 雅昭
横田 博
光透視による生体機能計測とCTの可能性 北間 正祟(北海道工業大学)
有澤 準二
高 義礼(北海道大学)
清水 孝一
近赤外光を用いた無侵襲脳機能計測の現状と今後の可能性 牧 敦((株)日立製作所中央研究所)
山下 優一
山本 剛
小泉 英明
吉澤 浩志(東京女子医科大学)
岩田 誠
渡辺 英寿(東京警察病院)

敬称略

(社)日本食品科学工学会
非破壊計測シンポジウム実行委員会